週末にやろうと思っていたことがぜんぜんできない問題再燃

今朝は9時に起き出して長女と映画を観に行ってきました。

なんだかんだと観に行けてなくてもう無理かな...という話もしてたのですが、まだ間に合いそうだったので駆け込みで見てきました。過去2作は劇場で見ていたものの、内容はすっかり忘れていましたが見てたらあれこれ思い出せたし鑑賞できました。ハリーポッターが好きな長女はかなり満足したようでよかったです。

映画を観終えたら長女を美容院に送り届けてから帰宅。朝から2時間30分の映画鑑賞はなかなか疲れたのでお昼ご飯を食べたら少し寝ちゃいました。午後も何だか何もする気になれなくてダラダラと過ごしてしまったしなんだか散々でした。さいきん疲れやすすぎでは...。

もう体力がぜんぜん残ってなかったのですが明日は雨っぽいので今日はがんばって走りに行ってきました。

コースは週末に良く走るコースを走ってきました。今日はめずらしく前半追い風で後半向かい風という風向きでした。

ほんとうはあと2kmくらい走りたかったのですが明日に響きそうだったので短めで切り上げてきました。

というわけであっという間に日曜日も終わってしまいました。平日の夜は「週末はあの本読んであれ作ってあそこにも行ってあれ買わないと」と予定を立てるのですがいつもそのやりたかったことの1割くらいしかできないまま土日を終えています。週末の時間の使い方下手過ぎる...。

参加したことのある5月の大会を振り返る

今日はAWSの試験を受ける予定でしたがあまりに勉強できてないので延期しました。エルデンリングめ...(八つ当たり)。

というわけで今朝は9時過ぎに起き出して早めに走りに行こうと思ったのですが、起きてもすぐに動く気にはならなくて結局11時過ぎに走りだしました。起きてから走り始めるまでの謎の2時間...。
今日は普段よく走るコースをてきとうに組み合わせて走ってきました。

15kmくらいでよかったのにちょっと遠回りしてしまったせいでこんなに...。

ちょっと暑かったけど走るのが気持ちいい天気でした。

帰宅して水分を補給したら買い物に出かけてきました。母の日の贈り物を買うのを忘れていて先週送れなかったのでいまさらですが買いに行ってきました。今年のGWは忙しかったので.....(という言い訳をこの間電話でしましたw)。
帰ってきてからも晩ご飯の買い物に出かけたりしてたらあっという間に1日が終わっちゃいました。休日はいつも夕方にいやいや走りに行くことが多いので午前中に走っちゃえば午後は余裕のある生活を送れるのでは?と思っていたのですがぜんぜんそんなことはなくて終日予定が詰まっただけでした。


さて。しばらく参加したい大会もなさそうなので過去にこの時期に参加した大会に想いをはせて気持ちを盛り上げようと思います。
5月というのは走るのに向いているというか暑すぎず寒すぎずとてもいい時期だと思うのですが、参加したことのある大会の数はあまり多くありません。大会自体があまり多くないというのが一番大きな理由なんですが、自分は4月に体調を崩したり怪我をしたりすることが多くて5月は走れないことが多いのも影響してたりします。冬に無理し過ぎて4月に暴発みたいなパターンがめっちゃ多いんですよね。5月に出たことのある大会を数えたら5つしかありませんでした。じゃあお気に入りの大会がないのかというとじつは大好きな大会が1つあります。



www.city.obanazawa.yamagata.jp


山形県尾花沢市の徳良湖で毎年5月3日固定で開催されている全国花笠マラソン大会です。
徳良湖というのは灌漑用に作られた人造湖らしく、周回2.8kmとさほど大きな湖ではありません。その湖の周りを1周~4周するというのがこの大会なんですが一番の売りはエイドの豊富さです。

自分はエイドには寄らないのでいい写真がなかったのですが、地元の美味しいものを好きなだけ食べられるという夢のようなエイドステーションです。普段は家族4人でマラソン大会に行っても誰も走るなんて言わないのですが、この大会だけは毎年みんな文句も言わずに走っていました。わたしは4周(11.9km)で他の3人は1周(3.2km)なんですが、自分以外全員エイドに入り浸っているので走り終わる時間はだいたいみんな一緒です。なんなら自分一番早く走り終わってることもあります(笑) 

あとはこの徳良湖自体がとにかくきれいで走るだけでめちゃくちゃテンションが上がります。

いつも大会前にも2周しちゃうくらい大好きなコースです。

走り終えたら横にある徳良湖温泉花笠の湯に無料で入れるし、大会と同時開催されている徳良湖まつりもとても賑やかで楽しいしGWに気軽に参加できるイベントとしてかなり魅力的です。去年と一昨年は大会が中止になってしまい、今年は東北6県のみの参加ということで2019年以降は参加できていませんがまた機会を作って走りに行きたいです。


ちなみにこの全国花笠マラソンの翌日は真室川町で梅の里マラソンという大会があります。

真室川町尾花沢市からさらに北に20kmくらい行ったところにある町で北に隣接するのが秋田県湯沢市なのでもうほぼ秋田です。全国花笠マラソンも梅の里マラソンも距離が短い(最長でも11.9kmと10km)ので連戦すること自体には抵抗がないのですが距離的な問題もあってなかなか行くことが難しくて梅の里マラソンは1度しか参加したことがありません。今後も気軽に参加したいと言えるところではないのですが、次に全国花笠マラソンに出るときは梅の里マラソンにもぜったいいっしょに出たいです。

福島県郡山市で開催された第29回郡山シティマラソンに参加してきました


福島県郡山市で開催された第29回郡山シティマラソンに参加してきました。


3年ぶりの大会開催ということで張り切って参加してきましたが、今回は参加6回目にして初めて10kmコースを走ってきました。

タイム

1kmごとのタイム。


タイム種別 タイム
グロスタイム 45分08秒
ネットタイム 44分43秒
平均ストライド(cm) 平均ピッチ(歩/分)
1.16[m] 193[歩/分]


合計:10km/00:45:08(4分28秒/km)


種目別では996人中246位、総合では1408人中287位でした。

走ってみての感想

[コース図]


高低差図


今回は例年よりも参加者が少なかったとは言え、10kmコースだけで1600人以上の人が参加しました。スタートはBブロックだったのでBに並んでいたのですが、歩いたりしているうちに気付いたら「Bブロックとは...」みたいなカオスな状態になっていました。

大会に出るのがひさしぶりすぎてスタート前に何をして暇をつぶしたらいいのか分からなかったのですが、スタート時間が近付くにつれて緊張してしまってワタワタしているうちにあっという間にスタート時間になっていました。そして予定どおりきっちり10時にスタートしました。

スタートはわりと混みあっていたのでスタートロスは手元の時計で23秒くらいありましたが、並んでいたのが比較的前の方だったということもあって周囲のペースもさほど遅くもなくストレスなく走りだすことができました。陸上競技場を出るまでは走路からはみ出さないように気を付け、公道に出たら無理のないペースを維持して前の人をどんどん抜いていくという方針で走りました。さいきんは普段のランニングだと5'00/kmより速いペースで走ることはほとんどなくて5'10-20/kmがせいぜいだったので、せめて今日は5'00/kmで走り通そうと心に決めて走りました。ただ時計を見てペースを確認しながら走るのはつらそうだったのであくまで体感ペースで走ることにしました。

スタートしてしばらくは人も多かったのでどんどん前の人を抜きながら走っていたのですが、2kmあたりを過ぎると周囲のペースもだいたい自分の走りたいペースになったし人もだいぶ減って追い越すときにいちいちコースを変えなくてもよくなりました。
そんなこんなで落ち着いて走れるようになるとやっと周囲の風景に目をやる余裕も出てきてひさしぶりの郡山の街中を楽しみながら走りました。前回の大会参加が3年前なのでそのときと比べるとコンビニがなくなったり大きなお店が増えていたりとほんとうに街の風景が変わっていて改めてほんとうにひさしぶりの大会なんだなという実感がわいてきました。そして今回は沿道で大きな声を出しての応援は控えるようにという案内が出ていた気がするのですが、沿道で応援している人は以前ほどは多くなかったもののそれでもたくさんの人たちが手を振ったりして応援してくれていました。ランナーに手を振ってくれている人たちにはなるべく手を振り返しながら走るのが楽しくていま何kmくらいなのかとかぜんぜん気にせず走ってしまいました。

4kmを過ぎて少し走ったところで折り返し、4.5kmくらいで脇道へと入って行ってしばらく狭い道を走ります。

この狭い道(わき道)はハーフマラソンでも通る道だったので前にも走ったことがあったのですが、ハーフのときはすぐに折り返しがなかったので折り返してくるランナーもおらずさほど狭いと感じることもなかったのですが今回は折り返しまでが短いのでずっとすれ違うランナーがいてめちゃくちゃ走りにくかったです。ここはちょっとテンションもペースも下がりました(笑)


わき道から大通りへと戻るとあとは来た道を戻るだけなんですが、ここまではペースを抑えて走っていてだいぶ余裕があったので残り3kmというところから少しずつペースを上げてみることにしました。体感で7kmまでは5'00/kmくらいでラスト3kmはそこから-15秒/kmずつくらいペースを上げるつもりで走りました。沿道で応援してくれてる人たちや給水、交通整理のボランティアの人たちから声をかけてもらったらめっちゃテンションが上がったのでその勢いのままゴールまでがんばって走り切りました。走り切ったと言いつつ、実はゴールの位置を少し勘違いしていて「ゴールまであと100mくらいだから全力で走ろう!」→(そこまで全力で走る)→「ゴールまでまだ300mくらいあった...」みたいな悲しいハプニングもありましたが、それはそれで楽しかったというかとてもいい思い出になりました。ラスト1kmはひさしぶりにこんなに全力で走ったなと思うくらい頑張って走ったのでとても気持ちよくゴールしました。


まとめ


# とくちゃんラーメン

ゴールする直前にゴールの横に置いてあった時計を見てタイムは45分くらいということが分かってちょっとびっくりしたというか、「え?そんなにいいペースで走ってたの?」と驚きました。走りながら「50分はなんとか切れそうだけど48分は難しいかな」と思っていたので10kmを4'30/kmペースで走り通せたことがとても意外で嬉しかったのですが、普段のランニングだと5'10-30くらいで走るのがせいぜいというペースでしか走れないうえにそのペースですらちょっとがんばらないと走れないくらい走力がなかったはずなのに大会だというだけでこんなにペースを上げても余裕で走れるというのはとても不思議な気分になりました。普段からタイムを狙えるだけの練習もしていないし、そもそもいまは全力で走ろうという気持ちもなかったので沿道で応援してくれている人たちやスタッフ・ボランティアの人たちに手を振ったりお礼を言ったりしながら2年ぶりのマラソン大会を楽しく走っただけなのに、それでもちゃんとタイムもそれなりになっていていつものランニングでは考えられないタイムで走ることができました。みんなそうなのかも知れませんが応援してもらいながら公道を走ることが、自分にとってどれだけ特別なことなのかということを思い知りました。


ゴールをして計測チップを返却したら預けた荷物を受け取ってシャトルバスに乗って駐車場に戻り、あとは車でスーパー銭湯に行ったりご飯を食べたりしてから郡山をあとにしました。


さて。そんなわけで2年ぶりのマラソン大会を走ってきましたが、いろいろと変化はあったけどやっぱりマラソン大会は楽しいなという思いを新たにしました。健康チェックだとか事前受付だとかいろいろと面倒なこともありますが、でも走りだしてしまえばやっぱりめちゃくちゃ楽しくてマラソン大会への参加を止められなかったときの自分の気持ちを思い出しちゃいました。これは止められなかったわけだ...。

ただ一方で走るために早起きしないといけないところや、走る前や走った後の長距離運転はほんとうにめんどくさくてこれはしんどいなーと心底思いました。以前もたぶん同じように早起きとか移動が嫌だなと思ってたもののそれよりも大会で走る楽しさが勝ってたのであんなに大会に出てたんでしょうが、いまとなってはさすがにあのペースで大会に出るのは厳しいなと思いました。2013-2019はだいたい年間20-30大会に出ていて月に2-3大会に出ていたのですがよくそんなに出てたな...。

雨のシーズン到来

今日は断続的に雨の予報が出ていましたがお昼になっても降ってなかったので走りに行ってきました。今日は街中をぐるっと走ってきました。

日差しは弱かったので涼しそうだなと思って外に出たのですが、思いのほか気温は高くて暑かったです。長袖にしなくてよかった。

今日は早めに走りに出たおかげでお昼ご飯を食べられたので午後も頑張れました。


さて。明日で今週もおしまいですが、明日以降の天気は下り坂でとくにこの週末は雨っぽいです。

気温は低くなさそうなのでいよいよシャワーランをしないといけないのかと思うとちょっと気が滅入ってきます。

なんで大して走るのが好きでもないのにずっと走り続けているのか

今日は朝からつらいニュースを見てしまってテンションが思いっきり下がりました。誰だっていつかは死んじゃうとはわかっていても、不意にその瞬間が訪れるとどうしても平常心を保つのが難しくなります。
午前中は会議とかもなかったのでなるべく何も考えずに済むように没頭できる作業をして過ごしました。

お昼は気分転換に走りに行きました。

午後は会議の予定が詰まっていて万が一にも遅れられなかったのであまり遠くまで行かず近所を走って済ませました。

天気がいまいちだったからなのか歩道にもあまり人がいなくて走りやすかったです。

ちょっと走るのに時間を使い過ぎたので今日もお昼ご飯抜きでした。

さて。2週間くらい前なんですがちょっとショックな出来事がありました。


www.city-yuzawa.jp

そのうちリンク先も消えそうなので画像も貼っておきますが毎年8月に開催されていた湯沢七夕健康マラソンが大会を終了するという案内が出ていました。2013年に初めて参加して以来、ほぼ毎年帰省を大会に合わせて参加していたくらい大好きな大会が終わってしまいました。2020年、2021年とコロナ禍で中止でしたが今年はきっとやってくれるだろうと期待していた矢先だたのでこの案内を見つけたときは正直脱力して立ち上がれなくなりました。めちゃくちゃ衝撃的でした...。

この大会については改めて書きたいことがあるのでそれはそこで書くとして、実はこの出来事でここ数カ月ずっと考え続けてやっと出かけていた「自分は走るのがさほど好きではないのになんでずっと走り続けているのか」という問いに対する答えを一気に亡き者にしてしまいました。

自分が走り始めたのがいつなのかというとあまり正確には覚えていませんが、たぶん長女が生まれたくらいだと思うのでもう17年くらい前だと思います。研究室の先輩の結婚式に出たときに先輩のお母さんから「立派なお腹してるわね(ししゃもみたい)」と言われたことをきっかけに何か運動するかということで走り始めました。運動なら何でもよかったんですが、道具を買わなくてもいいとかパートナーがいないとできないのは無理という消去法+以前弟から走るのいいぞと言われたことがあったので何となく走ってみたという感じです。

itotto.hatenadiary.com
# 探したらやっぱり昔書いてました

当たり前なんですが最初の頃はまったく走れなくて「もう2kmくらい走ったかな?」と思って意気揚々と帰って地図で確認したら500mしか走ってなかったなんてこともあったし、仕事が忙しくなったり他のことが気になりだすと数カ月走るのを止めたりなんて感じでとても走るのが習慣として根付いているという感じではありませんでした。そもそも自分は運動は好きではないので走ることもあまり好きではなくて、健康によさそうだからとか走るとちょっとすっきりするからとか走っているっていうとかっこいいからとかそういう理由があって走っていました。

そんな自分もマラソン大会で他の人たちと競う楽しさやタイムを狙うおもしろさを知った2012年以降は毎月200km~300kmくらいを走り続けてきました。その間、走るモチベーションだったのはとにかくマラソン大会で走ることでしかなくて普段のランニングは大会でタイムを出したり完走したりするために仕方なく走るものでしかありませんでした。たまにちょっと違うところに走りに行くと楽しいなーと思うこともありましたが、日常のランニング・ジョグが楽しみで楽しみで仕方ないと思ったことはたぶんないと思います。

そんな自分にとってはマラソン大会つぶしともいえるこのコロナ禍はほんとうに厳しくて、日々走りながら「大会もないのに自分は何のために走っているんだろう」と思うことがめちゃくちゃ増えました。リモートワークがメインになってからは「ランニングは徒歩通勤しない代わりにするちょうどいい運動」という理由付けができたのですが、でも軽い運動であれば30分くらいのジョグや1時間くらいのウォーキングでもいいというかむしろそっちのほうが健康にはいいわけで毎月200km以上なんて走る必要はないよね、と自分に問い続けてきました。

ほんとうに自分のことながらめんどくさいのですがそんなことを考えながら毎日毎日走っていたのですが、冬が終わって春が近づいてきたあたりから今年の夏は毎夏出ていた大好きなマラソン大会で走りたいなと強く思っていることに気付きました。春先というとちょうどコロナも落ち着き始めて各地で大会が再開され始めていたくらいの時期でこんな感じなら夏の大会はやってくれるんじゃないかという期待が生まれたのかも知れませんがとにかく夏の大会のことが気になり始めました。

自分は毎夏必ず参加していた3つの大会があります。二本松市の東和ロードレース、湯沢市の湯沢七夕健康マラソンみなかみ町の藤原湖マラソンの3つです。東和と藤原湖は暑さとコースの難易度が異様に高く、湯沢はコースは普通なんですがとにかく暑さが尋常ではなく毎回命の危険を感じます。

だからこの大会はとにかく準備が大事というか、暑熱順化とアップダウン慣れをしておかないと完走すら怪しくて普段どれだけちゃんと走っているのかが試されるあたりがすごく好きなんですが、またその大会で走りたいと自分が思っていることに気付いたときにずっと走り続けていたのはまたこの夏の3大会で走りたかったからかも知れないなと思いました。そう考えるとなるほどと納得できたというか、たしかにあの大会をちゃんと完走するためなら毎日めんどくさいと言いながらでも走ってしまう気持ちも分かるなと腑に落ちました。

だから走るのがぜんぜん好きじゃない自分がそれでも毎日走り続ける理由は大好きな大会を走りたいからなんだな、ということでいったん答えが出たのですが、結局その走りたい大会が終わってしまうという状況になったのでここしばらくはほんとうに走るモチベーションが下がっています。先日参加した郡山や鹿沼の大会もすごく楽しくてそれはそれでモチベーションアップになったし、GWに旅行に出かけたときに見知らぬ土地を走るのも楽しかったのですが、でもやっぱり湯沢の大会終了を思い出すとちょっと走る気力が一気に消失してしまいます。

他の大会の動向はまだ分かりませんが、東和ロードレースはおそらく秋開催にシフトしそうだし藤原湖は開催可否が不明なままです。せめて藤原湖だけでも開催して欲しいなと思って毎日みなかみ町のサイトをながめています。

先週のランニング(4/25-5/1)

4/25~5/1に走った分のまとめ。

4/26(火)

お昼休みに走ってきました。

平均ストライド(m) 平均ピッチ(歩/分)
1.00[m] 189[歩/分]

合計:9.4km/00:49:37(5分17秒/km)

雨に降られるかと思ってたけどほぼ大丈夫でした

4/27(水)

お昼休みに走ってきました。


平均ストライド(m) 平均ピッチ(歩/分)
0.97[m] 186[歩/分]

合計:9.2km/00:51:01(5分32秒/km)

めっちゃ暑かった...。

4/29(金)

第29回郡山シティマラソンで10kmを走ってきました。


平均ストライド(m) 平均ピッチ(歩/分)
1.16[m] 193[歩/分]

合計:10.1km/00:45:08(4分28秒/km)

2年2か月ぶりのロードレースでした。楽しかった。


4/30(土)

成田空港の近くを走ってきました。

平均ストライド(m) 平均ピッチ(歩/分)
1.05[m] 186[歩/分]

合計:12.7km/01:05:10(5分07秒/km)

めっちゃ寒かったし道に迷ったしいいとこなしでした...。

5/1(日)

松山市内を軽く走ってきました。


平均ストライド(m) 平均ピッチ(歩/分)
1.04[m] 186[歩/分]

合計:13.9km/01:12:14(5分11秒/km)

川沿いをひたすら走るのが楽しかったです。


まとめ


# エビフライ丼

4/25~5/1に走った距離は58kmでした。距離はともかく、郡山や成田、松山で走れたのでとても楽しかったです。遠出してのランニングやマラソン大会とひさしぶりに宇都宮以外で走る機会が多かった1週間でした。とくに2年ぶりの大会はとても良かったです。

2022年のGWを振り返る

長期の連休明けはいつも朝起きられないのですが、今朝も眠くてぜんぜん起きられませんでした。
というわけで憂鬱な気持ちで今日から仕事を再開しました。先週の金曜日も一応仕事はしたんですが、その日が終わったら土日で休みになる金曜日とこれから5日も働かないといけない月曜日ではどうしてもテンションに差が出てしまいます。まして連休明けの月曜b(以下略)。

午前中は何とかやり過ごしたところでお昼は走ろうかどうか迷ったのですが、今週は後半に雨の予報が続いていたので走れるうちに走ることにしました。

※ 天気予報が梅雨っぽい...

今日は近所の周回コースを走ってきました。

今日は走っている途中から雨がポツポツ降ってきたのですが、そのせいなのか誰もいなかったので気持ちよく走れました。寒かったけど。

寒さとGWの疲れなのか走りだして3kmくらいは脚がぜんぜん動かなくてペースが上がらなかったせいでさっそくお昼ご飯は抜きとなりました。ご飯は食べられなかったけど午後も頑張って乗り切って1日をしのぎました。


さて。今年のGWは4/29-5/8とわりと長めの連休でした。1日だけ仕事をしたので完全な連休ではなかったのですが、でもそれ以外はずっと休みだったのでわりとひさびさの大型連休という感じでした*1
今回の連休は大きく2つのイベントがあってわりと中身の濃い連休でした。

  1. ラソン大会(4/29:郡山シティ、5/8:鹿沼さつき)
  2. 愛媛旅行(4/30-5/3)


まずはGW初日と最終日がマラソン大会でした。

ラソン大会に参加するのは2022年2月の結城以来だったので2年2カ月ぶりでしたが、あまりにひさしぶりすぎて走るまでの流れをすっかり忘れていることを思い知らされました。
で、走ってみたらやっぱりマラソン大会はほんとうに楽しくて沿道から応援してもらうのはすごく嬉しかったし公道を堂々と走れるのも楽しかったです。大会から遠ざかっていたこの2年ちょっとで「大会で走るのも普段練習で走るのも結局は同じ走るという行為なんじゃないの?」という考えが芽生え始めていて、言い換えれば「別に大会で走れなくて困らないのでは?」なんて思っていたのですがやっぱり大会で走るのはこれはこれで別物だなと実感しました。というか自分は沿道から応援してもらうのがこんなに好きなのかと思い知らされました。沿道の応援があればフルだって走れる気がします(笑)


あとはコロナ対策で当日まで毎日体温を計測して記録しないといけないこととか完走証がないこととかいろいろな変化もあったのですが、やってみる前は「これはどうなの?」とやや批判的な目で見ていたのですがやってみたらこれはこれでありだなと思うことばかりでした。とくに完走証がないなんてのはせっかく完走したのに完走証がもらえないなんて物足りないじゃんと思っていたのですが、いざ無くなってみたら走った後に完走証をもらうために並ばなくてもいいし汗などで完走証が汚れる心配をしなくてもいいしとわりといいことづくめでした。紙の完走証もあれば嬉しいとは思いますが、なければないでそれはそれでいいところもあるじゃんという気付きを得ました。

取り留めなくなっちゃいましたがとにかくマラソン大会はほんとうに楽しくて最高でした。


そして4/30-5/3は愛媛旅行でした。

ちょうど1年前くらいから長女が愛媛を進学先として希望しだしたので一度は愛媛に行ってみたいねという話をしていたのですが、コロナがぜんぜん落ち着かなくて行く機会がありませんでした。今回も4月の中旬くらいまではまったく行く予定がなかったのですが、タイミング的にこのGWが家族全員で愛媛に行く最後のチャンスかもしれないと思って急いで予定を立てていくことにしました。GWなので交通費も宿泊費もめちゃくちゃ高そうだなと思っていたのですが、調べてみたらぜんぜん高くなくて思い込みで諦めなくてよかったなと反省しました。

2泊3日の短期滞在だったのでちょっと予定を詰め込み過ぎでしたが、こういう旅行(マラソン大会は除く)は8年ぶりくらいとかなりひさしぶりだったのでとても楽しかったです。長女は松山の街を見て進学する気持ちを固めたみたいだし、次女は飛行機の搭乗手続きが楽しくて喜んでたし行ってよかったです。


逆にマラソン大会や旅行といったイベント以外の日は、朝は起きられず走るのも適当で読もうと思った本も読み切れずという感じでいまいち充実感がなかったのですがそれはそれでいい骨休みになったのかなと思うことにします。


というわけでなんだかんだでよい10日間でした。


(GWの日記)

itotto.hatenadiary.com

itotto.hatenadiary.com

itotto.hatenadiary.com

itotto.hatenadiary.com

itotto.hatenadiary.com

itotto.hatenadiary.com

itotto.hatenadiary.com

itotto.hatenadiary.com

itotto.hatenadiary.com

itotto.hatenadiary.com

*1:と言いつつ調べてみたら3年前も10連休でしたw